TSUBAKI★BLOG

くるみボタンを使ったかわいいビーズ刺繍の作り方!

20140806-6

今回は私が今まで制作してきたビーズ刺繍とは違い

カラフルで可愛いイメージ!

そう、食べてしまいたくなるようなお菓子のような

刺繍にしてみようと思います!

ここで使用するくるみボタンは前の記事の・・・

『ダイソーで買ったくるみボタンキットを可愛くアレンジする方法!』

で紹介したモノになります。(人´∀`)

そうそう、皆さん台風はだいじょぶでしたか?

私の住んでいる地域では避難勧告やら、避難指示やら

特別警戒ナントカでとにかく色々たいへんでした(*´Д`)

なんだか久しぶりの台風で、しかもノロノロの台風でちょっと焦りましたが

何とか通り過ぎてくれました。まだまだ油断できない台風ですが

皆さん気を付けてくださいね!!では、さっそくつくっていきましょ♪

data-ad-format="rectangle">

くるみボタンをビーズ刺繍でとっても可愛くアレンジ

20140808-2

では、まずくるみボタンを用意します。

このボタンをフェルトに固定するのですが

私は頑丈にするためにボンドをボタンの底に付けてフェルトにくっつけます。

更に、ボタンの側面とフェルトをまつり縫いで縫います。

20140810-8 20140810-10

こんな感じですね。

ココはビーズで見えなくなる部分なので

縫い方は何でもいいです。

でも、ボンドだけではちょっと不安なので面倒でも

縫い付けをオススメします。

20140810-16 20140810-12

次にメタリックピンクのチェコビーズを

ボタンの周りに縫い付けます。

縫い付け方を詳しくご覧になりたい方は、コチラの記事も合わせて参考に!

私は1個ずつビーズを縫い付ける方法でやっていますが

小さいビーズなら2個ずつでもだいじょぶだと思います。

頑丈さを求めるのであれば、1個ずつで!!(笑)

20140810-14

さて、1周出来ましたね。斜めったりしても、気にしちゃいけません!

20140810-17 08.09.2014_18.32.42-w640

次は私のブログではお馴染みの5mmパールビーズです。

先ほどのチェコビーズの周りを半週しましょ。

なぜ半周なのかというと、残り半分にはチュールレースを付けるからです。

08.09.2014_18.06.21-w640 08.09.2014_18.14.04-w640

さて、パールビーズの縫い付けが終わったら

次はチュールレースです。レースは約15cmの物を使います。

上から1cmのところを荒目の並縫いをして絞ります。

チュールレースはデリケートなので取り扱いには気をつけましょう。

20140810-20 20140810-22

では、レースをチェコビーズの下に縫い付けます。

そしてレースの上を押さえるように

残りのパールビーズを縫い付けます。

08.11.2014_01.00.41-w640 20140810-25

次は、さっきのレースの上に巻きバラを5個縫い付けます。

この時にバラの周りを4箇所くらい留めておくと

バラの巻が緩くなってきたりしなくてイイですね。

ちなみに左右の写真のバラの色が違って見えますが

光の加減によるものです。

まぁ、写真を撮るのが下手ってことですね(T_T)

20140810-28 20140810-27

もう少し頑張りましょ!

次に使うのはキャンディーカラーのマーブルビーズです。

この色合がめちゃかわいい♥

これを、バラの横から縫い付けはじめて半周しましょ。

08.11.2014_01.26.40-w640 20140810-1

最後の部分にキラキラビジューを付けます。

さぁ!最後ですよ!

08.11.2014_01.17.34-w640 08.11.2014_01.33.57-w640

淡いブルーのパールビーズと、ボタンカットのガラスビーズです。

これを交互に縫い付けます。

20140810-2 20140810-7

最後にキャンディーマーブルビーズを

バラの中心と間に縫い付けて・・・。

20140810-6

完成です!!

お疲れ様でしたぁヽ(*´∀`)ノ

ビーズ刺繍の裏処理については、『慣れると簡単!ビーズ刺繍の裏の処理は、フェルトで綺麗に仕上げましょ!』の記事を参考にしてみて下さいね♪

tsubakiまとめ!

今回使用したモノの注意点を、少し書いておきます。

  • 巻きバラですが、はじめからすごく巻が緩いモノもありますので、よく見てから縫い付けましょう。緩い場合は、少し補強してから使いましょうね。
  • キャンディーカラーのマーブルビーズですが、中にクラッシュ加工がしてあって割れやすいです。クラッシュ加工は綺麗で可愛いですが、強度は弱いので気を付けて扱いましょうね。

よくやってしまうのが、ビーズ針以外の太めの針を使って縫い付ける時に

針がビース穴を通れず、無理に通そうとしてビーズが割れてしまう・・・といった状態です。

なので、ビーズ針がオススメですね。

このモチーフはちょっと時間掛かりましたが

なかなかいい感じに仕上がりました(*´ェ`*)。

皆様もぜひお試しください。お気に入りの1点が作れますように・・・♥

[PR]生理痛軽減・避妊用ビル「マーベロン28」を病院よりも安く購入!

面白かったら「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTSUBAKI工房をフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • みおまま
    • 2016年 11月 11日

    初めまして、ネットでたまたま見付けて一目惚れしてしまいました!

    このように素敵に仕上げるのは無理かと存じておりますが、挑戦してみたいと思います!

    最後の部分だけ、少し質問させて下さい!ビーズを縫い付けた後 フェルト部分を切り落とすんですよね?
    お写真を拝見したところ、前面からはフェルトが見えず綺麗に仕上がっておられますが…そのように綺麗に切り落とす事が出来るのでしょうか???

      • ★椿★
      • 2016年 11月 15日

      コメントありがとうございます!

      ビーズの縫い付けが終わりましたら、余分なフェルト部分を切り落としていきます。

      この時に、最後に縫い付けたビーズの横3mmくらいのところを切っていき、裏に貼り合わせるフェルトと合わせて縫っていきます。

      分かりづらかったらごめんなさい。ビーズ刺繍の裏処理のやり方を、記事にしているところなので、公開しましたらそちらを参考にしてみて下さい。

      追記:『慣れると簡単!ビーズ刺繍の裏の処理は、フェルトで綺麗に仕上げましょ!』を公開しました。よかったらのぞいてみて下さい(๑´ڡ`๑)

CAPTCHA


最近のエントリー

ページ上部へ戻る