TSUBAKI★BLOG

スパンコールをキレイに丈夫に縫い付ける3つの方法!

tk-20141122-14

かなり久々のブログ更新です。久々ですが、サボってたわけじゃないですよ(;´Д`)

毎晩チクチク制作してましたよ♪

さて普段はあんまり使わないスパンコールですが、先日急に使いたくなったんですよ。

いざ、縫い付け・・・「あれ?私、どうやってたんだっけ??」

しばらくやってなかったので忘れちゃいました(;´Д`)

なので、今回はスパンコールの縫い付け方を復習していきます。

ちなみに、ちゃんとしたやり方かどうかは分かりません。私のやり方でいきますよぉ♪

data-ad-format="rectangle">

【tsubaki流】スパンコールを綺麗に、そして丈夫に縫い付ける3つの方法!

スパンコールの縫い付けって簡単だけど

強度が足りなくてすぐ緩んできてしまったり、取れてしまったり意外と失敗が多いですよね。

これから紹介する方法は、簡単にしっかり縫い付けることが出来るので参考にしてくださいね。

★Process1★ スパンコールの横一列重ね縫い付け方法!

tk-20141122-42

コチラの亀甲型スパンコールを使います。

まず、スパンコールの表と裏を間違えないようにしましょう。

この亀甲型スパンコールは、凹んでいる方が表です。

ちなみに平型スパンコールには、表と裏が無いモノもあります。

今回は、分かりやすいように黒い糸を使いますが

実際に縫い付ける時は、スパンコールの色に近いものを選んでくださいね。

tk-20141122-02

まず、玉止めをします。次に縫い付けたい位置の3mm左に針を刺します。

tk-20141122-04

スパンコールの中央の穴に刺します。

tk-20141122-05

スパンコールの穴から、左側が留まりました。

tk-20141122-06

次も、はじめと同じように3mm左に後ろから刺します。

tk-20141122-07

2枚目のスパンコール中央の穴に通し、1枚目の横(最初の差し始めの位置)に刺します。

tk-20141122-12

これを続けていくと、このようにスパンコールが半分重なって留まります。

今は黒い糸なので縫い付けたところが目立ちますが

スパンコールと同系色の糸を使うと縫い糸は見えなくなります。

tk-20141122-13

裏はこんな風に半返し縫いの裏面のようになります。

横一列に並べて縫い付けるやり方は、これで終了です。

★Process2★ スパンコールとビーズを使った縫い付け方法!

tk-20141122-14

次はスパンコール1枚に対して、1個のビーズを使って縫い付けます。

スパンコールの中央の穴より小さいビーズだと

ちゃんと止まらずに穴から抜けてしまいます。

ビーズを選ぶときはそこだけ気を付けてくださいね。

tk-20141122-17

まず縫い付けたい位置に、裏から針を刺します。

tk-20141122-18

スパンコールの真ん中の穴に通します。

tk-20141122-19

ビーズを通します。

tk-20141122-20

はじめに通した中央の穴に刺します。

tk-20141122-21

ビーズの形によっては、真横に傾いたまま留まってしまいます。そんな時は・・・

tk-20141122-22

傾いたビーズに針を少し通して・・・

tk-20141122-23

後ろの糸を少し引いてあげましょう。

糸を引きながら手前の針で

ビーズの向きを調整しつつ、後ろで玉止めをします。

tk-20141122-24

連続で縫い付けたい時でも、1個ずつ玉止めすることをオススメします。

スパンコールをビーズで縫い留めるやり方は、これで終了です。

★Process3★ 1&2の合わせ技!スパンコールとビーズを横一列重ね縫い付け方法!

tk-20141122-25

次はスパンコールを横一列に重ねて

更にその上にビーズを連続で縫い付けるやり方です。

まず、最初のスパンコールの位置に針を刺します。

tk-20141122-18

スパンコールの真ん中の穴に通します。

tk-20141122-26

ビーズを2個通します。今回はスパンコールの半径がおよそ3.5mmなので

2mmビーズを2個通します。通すビーズの数はビーズを並べた長さと

スパンコールの半径が同じ位になるようにして決めてくださいね。

tk-20141122-27

スパンコールの右端に刺します。

tk-20141122-28

スパンコールの左端から針を出します。

tk-20141122-29

2枚目のスパンコールを通します。

tk-20141122-30

ビーズを2個通します。

tk-20141122-31

最初に縫い付けたビーズ2個に通します。

tk-20141122-32

ビーズ4個が並んで固定されました。

tk-20141122-33

1枚目のスパンコールの右端に刺します。

tk-20141122-34

今度は2枚目のスパンコールの左端から針を出します。

tk-20141122-36

3枚目のスパンコールに通し、ビーズを2個通します。

2回目に縫い付けたビーズ2個に通して・・・

tk-20141122-37

最初のスパンコールの中央の穴に通します。

tk-20141122-38

これを繰り返していくと、このようにキレイに並びます。

tk-20141122-39

横から見るとこんな感じです。

糸を全体的にもう少し強めに引いていくと

スパンコールの段差の上のビーズもガタつかず真っ直ぐ並びます。

tk-20141122-40

裏は半返し縫いを同じ所で2回やったようになります。

このやり方だとスパンコールが浮いてしまう事がなくしっかり留まりますが、

裏面が見えてしまう箇所には向いていません。

tsubakiまとめ!

tk-20141122-41

今回は3種類のスパンコールの縫い付け方を紹介しました。私が一番よく使うのが

最後に紹介したスパンコールをビーズで縫い留めるやり方ですね。

子供のモノに縫い付ける時は、とにかく頑丈に付けたいですからね(*´艸`*)

tsubaki流のやり方ですが、お役に立てたでしょうか?

覚えておくと色々使えて便利だと思います。ぜひ、挑戦してみてくださいね♪

[PR]生理痛軽減・避妊用ビル「マーベロン28」を病院よりも安く購入!

面白かったら「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTSUBAKI工房をフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のエントリー

ページ上部へ戻る